Weblog

クリニックの特徴
院内ギャラリー
初診の流れ
料金表

新着情報

歯ブラシと電動歯ブラシ

歯ブラシと電動歯ブラシどちらが良いですか?とよく聞かれます。

正しく磨ける人はどちらを使っても磨けますし、磨き残しがある人は電動歯ブラシに変えても磨き残しがあります。

電動歯ブラシの方がパワフルに汚れを落とすことができます。一方で歯茎を傷つけてしまうこともあります。

御自身の使いやすい方を選んでください。

また、どんなに歯磨きが上手な方でも3〜6ヶ月に1回はプロによるクリーニングを受けることをお勧めします。歯と歯の間、歯と歯茎の間、専用の器具や機械、歯磨き粉によるクリーニングが御自身の歯を長く保つ秘訣になります。

また、歯周病や虫歯予防にもなります。

新しい年度が始まる前にクリーニングに是非いらっしゃってください。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:お知らせ, デンタルケアグッズ

インプラントのデメリット

先日はインプラント治療のメリットについて書きましたが、もちろんデメリットも存在します。また、すべての人に適応できるわけではありません。

1.           出血等を伴う外科処置である。

インプラント治療は、顎骨にフィクスチャーと呼ばれるチタン製のネジを直接埋め込みます。痛みの程度は抜歯程度です。手術中、血管や神経を傷つけた場合、術後の後遺症が残る可能性もあります。

2.           治療期間が長い。

インプラントの進化・改良により、以前に比べ大幅に治療期間は短縮されました。それでも短くても1か月半、大きな骨移植を伴う場合など、長ければ約1年の治療期間が必要になります。

3.           天然歯と全く同じではない。

インプラントは今までの入れ歯と比べ機能回復に優れ、違和感も格段に少ないとされていますが、歯根膜とよばれる感覚器官がインプラントにはありませんので、残念ながらもともとのご自身の歯と全く同じではありません。また、発音、審美的回復も限界はあります。

4.           歯科医師による技術差

歯科医師による治療計画、手術の技術などに差が出やすい治療法だと思います。

5.     メインテナンスが必要である。

詳しくは『みんなが聞きたかった歯の疑問に名歯科医が答えます!』(ギャップジャパン)に寄稿していますが、インプラントを長持ちさせるため、歯科医院及びご自身でのメインテナンス・定期検診が必要となります。

6.           健康保険外の自費診療ですので、治療費がかかります。

当院では、インプラント1本埋入するにあたり約27万円。総額で1本40万円~50万円となっています。費用の差は上部構造、被せものの種類によるものです。

 

どんな治療法にもメリットとデメリットが存在します。主治医と相談の上、ご自身にあった治療を選択されることをお勧めします。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:インプラント, お知らせ, 審美, 歯医者の話

歯科治療に必須の全身リスク診断と対応

先日、埼玉医科大学で行われた講習会にいってきました。

この講習会は『歯科治療に必須の全身リスク診断と対応』(医歯薬出版)という本の出版を記念して行われたものです。

IMG_0367

http://www.ishiyaku.co.jp/search/details.aspx?bookcode=443780

執筆者の一人、佐藤先生と。(大学の同級生です。)

IMG_6080

 

日本は超高齢社会に突入し、今後、基礎疾患がある患者さんの歯科診療をする機会は増える一方でしょう。よって、診療時には患者さんの安全を守るため、全身疾患の知識がより一層必要となってきます。全身疾患と歯科診療について、よくまとめられており、診療時のリスク管理に役立つと思います。

また、全身に影響を与える歯科疾患も多いのです。

代表的なのは歯周病です。

日本の成人の半数以上が罹患しているとされている歯周病。生活習慣病の一つとされ、注目が集まりつつあります。

一方で、歯周病の発症の機序の解明や画期的な予防法や治療法がなく、まだまだ研究が望まれる分野でもあります。

歯周病と全身疾患(糖尿病や循環器疾患など)の科学的根拠に基づいた関連性が明らかになると、医療者だけでなく国民の関心もより歯周病に向くのかもしれません。

 

 

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:お知らせ, 歯医者の話

ホワイトニングについて

ホワイトニングもメインテナンスが必要ですか?との質問がありました。

ホワイトニングもやはりメインテナンスが必要です。

できれば、ホワイトニングしてから半年〜一年以内にメインテナンスにいらっしゃってください。

そうすることで、もとの状態に戻る前に、白さを保つもしくはより白くすることが可能です。

デンタルクリニック恵比寿でホワイトニングをうけた方の一年以内のメインテナンスは二万円で行っています。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:お知らせ, 審美, 歯医者の話

親知らず

段々、暖かくなってきました。

と、同時に親知らずが疼いてる患者さんが増えています。

痛みがでてしまうと、痛みが治まるまでは抜歯できない場合が多いので、痛みが出る前に来院し、相談してください。

今日はお隣の「関西割烹 和心庵 のら」でスタッフとランチミーティングでした。

nora-ebisu.com

サゴチ美味しかったです。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:お知らせ, 恵比寿, 歯医者の話

インプラント治療について

本日はインプラント治療の患者様が多く、1日忙しく過ごしました。

インプラント治療は、一言でいうと、「永久歯を喪失してしまった場合の機能・審美回復の手段として、従来の入れ歯やブリッジに代わる治療」です。

例えば、歯周病、ムシ歯や歯が折れてしまったりして、不幸にも歯が無くなった場合・・・長い間、入れ歯や、隣の歯を削ってブリッジを入れるしかありませんでした。

今では、インプラントという選択肢が増えました。

インプラント治療の際には、顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯を固定します。インプラントを顎の骨に埋め込んで固定するので、比較的違和感が少なく、自分の歯と同じような感覚で、強い力で噛むことができるようになるのがインプラント治療の特徴です。

インプラントは他の歯や粘膜に負担をかけない、お口にやさしい処置でもあります。

ブリッジのように、隣の歯を削る必要がありません。

義歯のように、違和感が大きくもありませんし、周りの人に気付かれることも少ないです。

インプラントの埋め込みは痛そうと思っている患者さんもいますが、手術に伴う痛みは抜歯と同程度とお考え下さい。経験や技術があれば、それほど難しくないケースが多いです。

ここ最近、数多くの患者さんがインプラント治療を選択されています。

一本だけ歯を失ってしまった場合、奥歯を何本か失ってしまった場合、入れ歯での違和感が気になる場合など、有効な治療法の一つです。

お困りの際はお気軽に御相談ください。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:インプラント, 審美, 歯医者の話

さわやか診療

歯医者が「コワイ」「イタイ」「ツライ」とおっしゃる患者さんは数多くいらっしゃいます。

IMG_5873

デンタルクリニック恵比寿では、笑気吸入鎮静法を導入しています。治療に対する恐怖心、不安感や緊張を和らげます。

笑気吸入鎮静法とは、笑気(N2O)と酸素を混合した気体を鼻から吸ってもらう方法です。吸入中はゆったりした気分になり、歯を削る不快な振動や注射の痛みなどもあまり気にならなくなります。また、吸入を止めればすぐに元の状態に戻るので安心です。

当院では親知らずの抜歯手術を受ける方の半数位、インプラント手術を受ける方のほぼ全員が選択しています。もっと楽な気持ちで治療をうけていただけるものと思います。

治療に対する不快感を我慢されずに、お気軽にお申し出ください。

IMG_5876

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:インプラント, お知らせ, 歯医者の話

日本の医療を考える

先週は午後の診療を早めに切り上げ、東京医科歯科大学大学院の医療政策・管理学のセミナーに参加して参りました。

IMG_6030

一橋大学・東京医科歯科大学共同セミナー「日本の医療を考える」です。

 内容は、新成長戦略と医療産業の育成、病院経営の効率化、診療報酬の見直し、社会保障と税の一体改革への評価等、非常に多岐にわたるものでした。

日本は超高齢化社会となり、社会保障費は増加し続けています。我が国の医療の現在と将来について色々な立場、視点からの話を聞き、歯科だけでなく医療の在り方を考えさせられました。

臨床はもちろんですが、医療人として社会にどのように貢献すべきか、自分に問いかける一週間となりました。

とても勉強になりました。講師の先生方、ありがとうございました。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:歯医者の話

料金表

保険外診療の料金表のページを追加いたしました。

デンタルクリニック恵比寿でご要望が多い治療法についてご説明いたします。

インレーとは詰め物です。

白いインレーはe-maxというセラミック材料を使用しています。

奥歯の詰め物が銀色なのを気になさっている方も多いと思いますが、e-maxなど最近のセラミックインレーはめったなことでは割れませんし、変色もしないのでおすすめしています。

クラウンとは被せ物です。

白いクラウンはe-maxもしくはZi(ジルコニア)という材料を使用しています。
ジルコニアは強度が高い上に、天然歯と区別がつかない位、綺麗に仕上がります。

他にご希望が多いのはインプラントです。
一本だけ歯を失った場合に希望される患者さんも多くなってきました。
周りの歯を削ってブリッジするより、長い目でみると良いと選択される患者さんが多いです。

また、総入れ歯の代わりにいれるインプラント、all-on-4(オールオンフォー)を希望される患者さんも多いです。

お気軽に御相談下さい。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:インプラント, お知らせ, 審美

リナメル

デンタルクリニック恵比寿では「リナメル トリートメントペースト」(歯磨剤)を使用しています。
IMG_0165

http://www.oralcare.co.jp/Product/Detail/?product_id=000031

予防歯科やクリーニングの際に、必要に応じて使用しています。

「リナメル」はナノ粒子ハイドロキシアパタイトでエナメル質をケアし、歯の表面をなめらかにし、着色や汚れをつきにくくします。
歯は毎日の食事や歯磨きで傷がついています。傷には着色や汚れが付きやすくなります。

このペーストで磨いた後は、とてもツルツルしていると患者さん自身も実感されています。

是非、このツルツル感を体験してください。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:デンタルケアグッズ, 歯医者の話