Weblog

クリニックの特徴
院内ギャラリー
初診の流れ
料金表

新着情報

休診のお知らせ

本日6月14日は6時までの診療となります。

6月15日は休診となります。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:お知らせ

マミーサロンにて

毎日している歯磨きなのに、いざ子供の歯磨きとなると、自信がない、というママやパパが多いとか。

副院長が、妊婦さんに人気の「マミーサロン」にて「ベビちゃんからのデンタルケア」講座の講師をすることになりました。
マミーサロン
http://www.mommy-salon.com/

子供の頃からきちんとした歯磨き習慣をつけさせることは、とても大切なことです。

ただいま絶賛準備中です。
IMG_1013

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:お知らせ, 歯医者の話

6月4日は・・・

今日、6月4日は6(ム)と4(シ)に因んで、虫歯予防デーです。
そして、10日までは「歯の衛生週間」です。

この機会にぜひ歯医者さんを訪れて、虫歯ゼロを目指して下さい。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:お知らせ, 歯医者の話

喫煙と歯周病の関係

歯周病予防は正しい歯磨き、定期健診、バランスの良い食生活、そして禁煙が挙げられます。

一般的にたばこを吸う人は吸わない人に比べて、約2〜8倍、歯周病にかかりやすいと言われています。
また、たばこの本数が多い程、歯周病が重くなる傾向にあることが分かってきました。

たばこを吸うことによって、歯茎の血管が収縮し、歯周ポケットに歯周病菌が繁殖しやすい環境になります。
そして、歯茎の血管が収縮していることで、一見、歯茎が引き締まっているように見え、ご本人は気づかないことも多いのです。

たばこを吸うことで、たばこのヤニや着色が気になる方も多いと思います。
また、口臭の原因にもなります。

インプラント治療の際には一時期でも禁煙してもらうこともあります。

歯周病予防や改善のためには禁煙も大切です。

明日23日木曜日は休診となります。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:お知らせ, 歯医者の話

歯を抜けたままで放っておくと・・・

当院では出来るだけ歯を残すよな治療方針をとっています。

しかし、歯周病、虫歯もしくは歯の破折等で、歯を抜かなくてはならないことがあります。
もう持たない歯を、無理矢理抜かないで放置することにより、周りの歯や骨などの歯周組織に悪影響がでてしまう場合などは、抜歯せざるをえません。

そして、抜歯したまま放っておくと、口腔内に色々な影響が出てきてしまうことがあります。

食べ物がその場所につまったり、噛むのが難しく食事しにくくなったりします。
また、周りの歯が空いたスペースに傾いてきたり、咬み合わせている対合の歯がてい出してしまったり・・・。
極端な場合には、均等な咬み合わせでなくなってしまうことで、肩こりや偏頭痛を感じるようになったりします。

歯を失ってしまったら、放っておかずに治療するようにしましょう。
それから、残っている歯と歯茎を大切にケアしていくことも忘れないでください。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:未分類

歯垢と歯石ってどう違うの?

歯垢、プラークや歯石という言葉は聞いたことはあるけれど、詳しくはわからないという方が多いと思います。

歯垢とは、プラークとも言われ、歯の表面に付着している細菌と汚れの塊です。

クリーム色でねばねばしており、この塊の中には何億もの細菌が生きています。

歯垢は虫歯、歯周病、口臭の原因になります。うがいでは除去できません。

ブラッシングや補助清掃機具(歯間ブラシやデンタルフロス)で除去できますので、 毎日のブラッシングで除去してください。歯磨き粉を使うと効率良く取り除くことができます。予防の為に正しい歯磨きを習得することが重要です。

歯石とは、歯垢に唾液のカルシウムやリンが沈着し石灰化したものです。

歯石表面はざらざらしていて、汚れが付きやすく、さらに歯石がつきやすくなってしまいます。

歯石は歯磨きでは除去することが難しく、歯科医院で専用の器具で取り除いてもらう必要があります。

歯石のつきやすい場所は、下の前歯の裏側や上の奥歯の外側です。下の前歯の裏側は鏡でチェックしてみてください。

歯石がつくのは個人差がありますが、3〜6ヶ月で定期的に歯科医院で落としてもらいましょう。ブラッシングは練習すれば、上手になりますが、完全に歯垢を御自身で取り除くのは難しいので、定期的に歯科医院でチェックとクリーニングをしてもらうとよいと思います。

 

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:デンタルケアグッズ, 歯医者の話

歯ぎしりの話

寝ている時に歯ぎしりをしている、と言われたことはありませんか?

 

歯ぎしりは周りに迷惑なだけではなく、ご自分の健康にも深く関わっています。

睡眠の質にも影響しますし、歯や口にも影響を及ぼすことが多々あります。

歯ぎしりは大きな力(自分の体重以上)で噛んでいますので、朝起きた時に色々な症状が見られる場合があります。

口の周りの筋肉が疲れていたり、歯が痛かったり、ひどい場合には歯が摩耗してしまいます。

また、顎の関節にも大きな負担がかかっています。

近年では、「大抵の人がある程度の歯ぎしりをしている」とも言われていますが、もし上記のような症状がある場合、そのままにせず、一度歯科医師に相談することをお勧めします。

当院では、必要に応じて「ナイトガード」というマウスピースを作ることができます。

夜、寝る時に装着し、歯ぎしりを和らげるものです。

 

お気軽に御相談下さい。

 

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:歯医者の話

親不知は抜かないといけないのか。

親不知(親知らず、智歯とも言います)は、必ずしも抜かないといけないものではありません。
きちんと生えそろって、綺麗に磨ける場合は抜く必要はありません。

しかし、現代の日本人の顎はだんだん小さくなっている為か、たいていの患者さんの親不知は、真っ直ぐ生えていません。

親不知の問題は…

少しだけ歯茎から出ている場合など、歯磨きすることが難しく、汚れがたまってしまい、親不知が虫歯になってしまいます。
また、親不知周囲の歯肉が腫れたりします。

一番気を付けたいのが、ひとつ前の歯との間に汚れがたまり虫歯になってしまうことです。
ひとつ前の第二大臼歯までも虫歯になり、影響が出るのは避けたいですね。

また、前の歯にぶつかって生えている場合は、上に書いたような虫歯の他に、歯並びに影響がでることがあります。親不知が生えようとする強い力で、歯並びが変わってしまうことがあるのです。

色々な影響が出る前に、親不知を抜歯したほうが良いことが多いです。

特に下の顎の親不知の抜歯の場合、抜歯後に腫れることありますので、日程的に余裕をもって歯科医師に相談してください。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:お知らせ, 歯医者の話

インプラント手術前後の過ごし方

インプラント手術の直前・当日の過ごし方についてのご質問にお答えします。

まず、事前にムシ歯や歯周病の治療をある程度終了させておきます。

特に歯周病の治療・管理は重要です。お口の中が清潔で、炎症のない状態であることを確認した上で、インプラント治療を開始します。

今日は歯周病の治療は終わっているものとしてお話をすすめます。

インプラント治療の前に、もう一度治療計画の説明を行い、患者さんの同意を得て、手術の日程を決めます。手術は準備等ありますので、キャンセルはなるべく控えて下さい。

1.  前日

通常通りの生活でかまいません。

ただし、ひどく体調が悪かったり、発熱・鼻づまり・咳などを伴う風邪などの場合は連絡してください。

食事・睡眠をよくとり、手術にそなえて下さい。

2. 当日

インプラント手術前の食事も普段通りでかまいません。

ただし、手術中トイレに行きづらくなりますので、水分の取り過ぎ、カフェインなどは注意してください。

お車で来院される場合、できればご自身の運転での来院はさけて下さい。

インプラント手術直前に歯科衛生士がお口のクリーニングを行います。

笑気吸入鎮静法

http://www.dentalclinicebisu.com/2013/02/27/%E3%81%95%E3%82%8F%E3%82%84%E3%81%8B%E8%A8%BA%E7%99%82/

を行います。

インプラントを埋め込む周辺に局所麻酔を行ったあと、顎の骨にインプラントを埋め込みます。

手術は1本あたり30分程度です。

3. インプラント埋入直後。

しっかり血が止まったのを確認して終わりです。

歯ブラシ、食事、お薬などについては当日説明させていただきます。

 

これが、インプラント手術当日の流れになります。

手術後、約10日~14日程度で抜糸となります。

その後、インプラントと骨が結合するのを待ちます。条件により期間が異なりますが、下顎で1.5~3ヶ月、上顎で4~6ヶ月が目安となります。

インプラントが結合する迄の間は定期的に診察に来院して頂き、骨とインプラントの状態を確認します。

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:インプラント

休診日とデンタルフロス

4月4日(木)、5日(金)は休診とさせていただきます。

歯ブラシの話を先日書きましたが、デンタルフロス(糸ようじ)についてもよく聞かれます。

IMG_0466

歯と歯の間に詰まった汚れはデンタルフロスや歯間ブラシで落とすことが可能です。まだ、それほど歯と歯の間や歯茎の間がひらいていない人はデンタルフロス、少しひらいてきた人は歯間ブラシを使って磨いてください。

慣れるまでは、鏡を見ながら行うと良いでしょう。

夜の歯磨きの時の習慣となると良いと思います。

使い方がわからない、もしくは難しいという方は歯科医師や歯科衛生士に使い方を教えてもらってください。

 

恵比寿 歯医者|デンタルクリニック恵比寿

日付:  カテゴリ:お知らせ, デンタルケアグッズ, 歯医者の話